リレー連載 『オフトレ十人十色』





日本代表チームは2004年7月に愛知県で行われる世界選手権に向け、オフシーズンといえども日夜トレーニングに勤しんでいます。

しかし、全国各地から選抜されたメンバーは合宿でしか顔を合わせないため、各自がどれくらい頑張っているのか窺い知ることができません。

そこで、それぞれ持ち回りでその週に自分がどのようなトレーニングをしながら過ごしたのかをこの場に上げることで、互いの発奮材料とし、また、代表の活動に興味をもっていただいたみなさんへのPRとすることもできる何とも一石二鳥な企画。

それが『オフトレ十人十色』です。



2003年
   
12月
   
保谷 健太
佐倉INVERS
千葉県
   
糸田 正憲
神奈川カヌークラブ
神奈川県
   
           
   
2004年
   
1月
   
鈴木 武
佐倉INVERS
千葉県
   
渡辺 欽之
保田ポロクラブ
愛知県
   
林 快宗
福井県カヌー協会
福井県
   
谷口 共徳
駿河台大学
埼玉県
   
   
   
2月
   
安藤淳也
神奈川カヌークラブ
神奈川県
   
長江 章裕
福井県カヌー協会
愛知県
   
増井康男
BPCSeaMonkey
バルタン星
   
上木 大輔
芦原フェニックス
福井県
   
   
3月
           
28(土)〜5日(金)
井桁 孝浩
佐倉INVERS
千葉県
   
千田 哲久
BPCSeaMonkey
愛知県
   
北川紀敬
BPCSeaMonkey
愛知県
   
終了
   
   































































































<第1回 保谷健太(佐倉インヴァース所属)>

12/20(土)
・御岳にてスラ練習
最後に御岳に来たのは高校生のときだから、実に(少なくとも)10年振りである。
今回は代表でも佐倉でもチームメイトである鈴木武とスラの草レースに参加するためにやってきた。
長いことカヌーをやってきてはいるがゲートをくぐるのは初体験である。
武は型の古いなんちゃってスラ艇で、私はポリのポロ艇ゲッコーにて参戦。
午前中はゲート設営のお手伝い。午後より練習開始。
居合わせた御岳の常連に言わせれば、クリスマスの時期にしては水量が多いとのコト。
川そのものは初めてではないので、一応おぼつかなくも移動することはできるものの、ゲートによってラインを制限されると難易度は急速にUP。
力任せに艇をねじ伏せて無駄に疲れた気もするが、トレーニング的には十分であった。
ノンストップで気付いたら3時間近く練習していた。

12/21(日)
・ファンテックカップ クリスマスレースに参加
「2本走って合計のポイントで勝敗をつける」ということをレース後に知った。K1、K1女子、C1、C2、OC1、PK1などなど、色々なカテゴリーの艇が同じ土俵で勝負するので、各カテごとに事前にハンデとしてポイントがマイナスされる。
本番の前に練習時間があり、通しで練習すること3周。
重いポリ艇担いでスタート地点までよたよた戻るのもある意味結構なトレーニングだ。
1本目。気合が入りすぎてペース配分を誤り、後半スタミナ切れ。
どうでもいいところでスターンを食われ、リカバリーしている間に痛恨の不通過・・・。大きく出遅れる。
2本目。1本目の反省を活かし、抑え目にレースを展開。まずまずの出来。
2本目だけに関して言えば、結果のスコアもやはりまずますであった。
1本目の失敗が悔やまれる。武27位、保谷45位。とほほ。
慣れないことと集中したことで、終了後かなりぐったりでした。

12/22(月)
・休養
トレーニング的には休養ですが、サラリーマンには仕事が待っているわけで。

12/23(祝)
・ジムに行くも・・・
祝日も休まず稼動の弊社は通常と変わりなくオシゴトです。
20時に仕事切り上げて、自宅の近所にあるジムに勇んで直行したら、何とシャッターが閉まっているではないか。
祝日は17:00終了だったことを忘れていた・・・。
自宅で出来るワークアウトをプッシュ系を中心に1時間、フロで1時間ほど本読みつつ汗かいて就寝。

12/24(水)
・イヴの夜も・・・
前日の遅れを挽回すべく、ちゃんと営業時間を確認した上で職場より直行。
さすがイヴの夜なのでやたらと空いている。
プル系アームカール系を中心にマシン、フリーウェイト織り交ぜて1時間ほど。
有酸素運動として約30分3km(傾斜付き)のマシンジョグ。
マシンに取り付けられたモニター上でゲームが展開されて、キャラをセンサーで左右に動かしつつ進めていく。(って説明で分かるかな?)
むきになってやっていたら、あっという間に汗だくだくとなってしまった。
ジャグジー、スチームサウナで入念にストレッチして終了。

12/25(木)
・バスケ朝練
10時までに出勤すればいいフレックス制度をフル活用して、会社の体育館で8時半からぎりぎりまで、ひとり「こそ練」。
バスケで必要とされる柔らかいボールタッチはカヌーポロでも大いに役立つところ。
あまり役に立ちそうもない「バスケの」シュート練習に血道を上げるが、これに関しては毎日やるのがベストであると思われる。
カラダの「張り」が微妙にシュートタッチに影響するので、どの部分が疲れているのか(あるいは疲れやすいのか)を知るのに有効だろう。

12/26(金)
・休養
夜は御岳でお世話になったスラのみなさんと有楽町で忘年会。
飲むときは飲み、トレーニングするときはする。
緩急つけてきちんと継続するのが、特に冬場は肝要です。
(別に飲むことが肝要なわけじゃないですけどね)

〜次回(12/27〜1/2分)は「糸田正憲選手」です〜



このページのTOPへ












































<第2回 糸田 正憲(神奈川カヌークラブ所属)>

レポートの趣旨に反してしまうかもしれませんが、年末年始の有りのままの姿を報告したいと思います。

27日(土)

事務所の大掃除。

28日(日)

事務所の業者による掃除の立会い。(新人の務め)

29日(月)〜1月2日(金)

大岡川での練習を予定していたがY校が29日〜3日まで休庁期間のため断念。そのため2日まで水上でのトレーニングは皆無。慣れないジムに足を運ぼうと考えるも営業してる場所が思い当たらず、結局寝正月となりました。

以 上

・ 指定期間内ではトレーニングレポートとなりませんので番外編として
1月4日(日)
   11時より大岡川にてトレーニング。
    1kmアップ → 約600m×8本 → 1kmダウン

 基本的に私は水上以外のトレーニングはほとんど行っておりません。ただ、カヌーに乗れる日が2〜3週間程度開いてしまっている時には、体が鈍るため自宅にて自己満足の筋トレ(腕立て腹筋等百回程度)を行います。今回も気まぐれで実施。
 また、数年前から腰痛に悩まされているため、最近は毎日ストレッチをすることを心掛けています。理学療法士によると私の腰痛は体の特に太ももの硬さからきているようです。うつ伏せに寝て膝を曲げてかかとが尻に付くのが通常であるのに対し、私の場合は10p以上も離れており80歳くらいの体の硬さだと言われました。現在はストレッチを継続して行っていることにより以前より痛みがなくなってきました。
腰痛でお困りの方がいれば一度理学療法士に診せることをお勧めします。ちなみに私は横浜国際競技場にある「スポーツ医科学センター」に行きました。また、腰痛持ち以外の方でもストレッチをすることはお勧めしたい。私は以前、ストレッチを全く行っておらず、鈴木武選手が乗艇前30分以上ストレッチをしている姿を見て早く乗艇するよう偉そうに指示したこともありました。しかし今となっては彼の練習前の姿勢は見習うべきだと思います。(練習時間に遅れるのは見習えませんが…)

・水上におけるロングのトレーニング方法

トレーニング内容が乏しいため私がロングを漕ぐときに意識していることについて少々書かせていただきます。一個人の考え方ですので反論もあるでしょうが少しでも参考にして頂ければ幸いです。

1.フォームの確認
 ロングを漕ぐ上で最も意識するのが漕ぎのフォームの確認。ゲームの中ではダッシュやターンの連続であり、がむしゃらに漕ぐためフォームを意識することはまず無い。しかし、意識をしていない中でも正しいフォームで漕げるよう、基本となる漕ぎ方を体に浸透させておく必要がある。そのためロングを漕ぐときには常に自分の理想とする漕ぎ方をイメージしながら1パドル毎確認する。
最も意識するのはキャッチの瞬間。キャッチの場所、角度、腕の高さ、力の入れ方を毎回確認する。キャッチさえしっかり行えばその後の動作は自然と流れる。

2.ピッチよりストライド
 ペースを上げるときは漕ぐ回転数を上げるより、1漕ぎの力を大きくする。それにより体に対する負荷も大きくなり筋トレにもなる。何よりもポロに向いてるのはピッチによる漕力よりもストライドによる漕力であると思う。

3.コンディション
 その日の体調や疲労はゲームではいくらでもごまかせるが、ロングではごまかすことができない。漕いでいて思うように力が入らないときや集中できないときがあるが、そういう時は無理に漕がずに上がってしまう。逆に体調がよいときはいつも以上に漕ぐ。漕ぎは悪いイメージはつけず良いイメージで漕げるときに集中した方が身に付くはず。気分が乗らず練習したくないときなどは自分自身に言い聞かせてます。

次回(1/3〜1/9分)は「鈴木武選手」です

 



このページのTOPへ













































<第3回 鈴木 武(佐倉インヴァース所属)>

1/3 御岳スラ練習
前泊し、辛抱堪らずひとりでも御岳でスラ練習。なぜなら年末30・31日の御岳ス
ラ合宿中に中古スラ艇を購入したから。この艇は元K1日本代表の藤野さん→今
や日本唯一のICFレフリー朝野→現C1&C2日本代表(?)長尾 と乗り継が
れた由緒ある艇なのだ

【午前】10:30〜12:30
・アップ&艇の感覚を掴むための往復
・ゲート練習
 佐藤俊平選手に半袖ドライにパドリンググローブというみすぼらしい格好を笑
われる。「ポロの人はやっぱ違いますね〜」とのこと
・S字ターン
 安藤太郎選手にマンツーで教えてもらう。ここで大事なのは艇の傾けと重心移
動だった
・ゲート練習
 スラ艇のフィッティングがタイト過ぎ、早めに切り上げる。スラ艇は膝まで固
定されているので艇へ力を伝えやすく、微妙な加減もしやすい。艇の傾けはとて
も楽だが、その分腰から腹部全体の筋肉疲労が早かった

【午後】15:00〜17:00
・アップ&漕ぎ下り
・午前のS字ターン復習
・ゲート練習
 決められたショートコースを30秒で下り、2分間でスタート位置へ戻り休憩
後、再スタート。10本行った後、休憩して別のコースでもう10本実施

1/4 沼練習
13:00〜14:00で修平と練習。イメージ通り漕げず、集中しきれなかったので早め
に切り上げる
・アップ&ロング
・ダッシュ
・御岳練習後のターン確認

1/5 なし
仕事始め。仕事後は行きつけの居酒屋に会社先輩と新年挨拶

1/6 なし
仕事終わらず、ジム断念

1/7 なし
仕事後、所属課の新年会

1/8 ウェイトトレーニング
・ベンチプレス
・ダンベルフライ
・ショルダープレス
・ダンベルサイドレイズ
・シーテッドロウ
・ラットプルダウン
・ダンベルアームカール
・ダンベルフレンチプレス
・クランチ
・ツイストシットアップ
・バックエクステンション
仕事後、22:00〜23:00に上記内容で実施。

1/9 なし
仕事後、中華料理屋で夕食。軽く飲む(今週は3/5で飲酒だった…)


次回(1/10〜1/16分)は「渡辺 欽之選手」です



このページのTOPへ













































<第4回 渡辺 欽之(BPC所属)>

1/10 保田ヶ池にて練習
2Kmウォームアップ。フォームを意識、キャッチを意識。
500M×5本。フォームを意識。筋肉を意識。
1Kmウォームダウン。フォームを意識、キャッチを意識。バックも漕ぐ。

1/11 保田ヶ池にて練習
風強し。
2Kmウォームアップ。フォームを意識、キャッチを意識。
500M×4本。フォームを意識。筋肉を意識。
1Kmウォームダウン。フォームを意識、キャッチを意識。バックも漕ぐ。
ランニング。保田が池外周×8。最大酸素摂取量を意識。(本当か?)

1/12 なし
オフ日

1/13 バイク事故
バイクにて事故る。左肩上がらず。走れず。

1/14 なし
無理。

1/15 なし
無理。

1/16 なし
発熱。合宿にもいけず。

体調管理には皆さん気をつけましょう。


次回(1/17〜1/23分)は「林 快宗選手」です



このページのTOPへ














































<第5回 林 快宗(福井県カヌー協会所属)>


1/17(雪)
○日本代表合宿に参加。
細かい内容は合宿レポートに譲ります。
(っと、いうかイゲチとは張りあいたくない)
個人的には長距離氷割り競争で1位になる!
正月、我慢してパドッた成果か?
砕氷船バンパイアを借用した成果か?

・meeting:自主トレについての見直しを迫られる。
 計画的に行うことが何より重要。
 あと、個人的には酒癖が悪く、年末年始は二日酔いで練習していたことも多かったので、
 お酒は控えようと真剣に思った。自分へのいい歯止めにもなるだろう。。。


1/18(晴れ)
○日本代表合宿に参加。
北陸ではありえないような晴天。
1月とは思えない充実した合宿であった。

1/19(月)
○休養(っていうか食あたり)
帰りの新幹線で食べたカツサンドにあたった。
夜中に突然痛み出し、会社も休み一日中寝転んでいた。
疲れているときに、揚げ物など消化の悪いものを取ってはあかんと改めて反省。
自分の体の状況を見極め食べ物を選択することを改めて気をつけることにしよう。

1/20(火)
○病欠(風邪)
腹痛がだいぶ治まったので、会社に無理していったら、変な咳がでてきた。
これはもしや、、風邪をうつされた。。。
体調の悪い時に無理をしてはいけない。かえって悪い展開に落ちいってしまう。
今日は無理しないで早めに寝よう

1/21(水)
○病欠(風邪)
腹痛は治まったのだけど、ずっと咳が止まらない。
家で安静である。

1/22(木)
○病欠(風邪)
ずっと咳が止まらない。鼻水が止まらない。なぜか鼻血も止まらない。
家で安静である。

1/23(金)
○病欠(風邪)
だいぶ直ってきた。年間ティッシュ使用量の半分をこの一週間で使用した気がする。
今週は時間があったので世界選手権のビデオを見た。
プレーのイメージを広げるためにVTRを活用することが重要である。
最近の海外遠征については、パソコンでいつでも好きな試合を好きなところから見られる状況である。
しかし、普段はあまり見ていない。もう少し練習前などに見ることを習慣付けよう。


おまけ
Meetingで自主トレについてあれだけ時間を割いてもらったのに大変申し訳ない結果に。。。
参考までに普段の練習を書き出すとこんな感じです。
○週末
・陸上キャッチボール
・1km up
・長距離(25分くらい(3〜4km))※強風と波の(おまけに雪)負荷つき
・コート内で単距離ダッシュ(ターンいれたりして一人で満足するまで走っている)
・キャッチボール
・パスドリ
・1vs1
・1km down
全部で休憩入れて2時間くらい。

○平日
最近は、あまり早く帰れないのでたいてい、家でダンベルトレーニングと、腹筋、腕立てなどを行っている。
家には、健康グッズがゴロゴロ転がっている。
バランスボール、アブスライダー、アブトロニクス(電気のやつ)、ボディブレード。。
うーーん。ほとんど使っていない。。

ダンベルが一番体に効くグッズといえるだろうが唯一のお奨めは、バランスボールである。これは買っても損がしない一品である。
あと、Tarzan(雑誌)も最新のトレーニング情報や、一人暮らしでは欠けてしまいがちな栄養などについて
書いてあるのでトレーニングには欠かせない友である。

来週からはしっかりとトレーニングを再開します。
まずは雪かきなどから。。

次回は駿河台大学の谷口選手です。



このページのTOPへ















































<第6回 谷口 共徳(駿河台大学)>

1/24(土) 大学のトレーニングセンターで練習

*筋トレ基本メニュー

○ランニング:(速度)12,0km/h
(距離)2,4km
(時間)12分間
(運動強度)3,3 METS

○フライ(主働筋:大胸筋)
2,75kgを引き付けるまでに5秒、キープして5秒、戻すまでに5秒を1回とし、7回(1分45秒)を3セット。

○ロータリートーソ(主働筋:外腹斜筋、内腹斜筋)
28,0kgを左右20回、3セット。

○バックエクステンション(主働筋:脊柱起立筋)
48,0kgを30回、3セット。

○クランチ(主働筋:腹直筋)
49kgを30回、3セット。

○チューブを使って手首、肩の筋トレ
筋トレ後30以内に何か食べるように心がけ、睡眠もいつも以上にとります。手のケガがまだ、完治していなかったのでカール、ベンチ、ベントローなどはやりませんでした。

1/25(日) 大学が入校禁止日なので、近所で約30分間のランニング。

1/26(月) テスト勉強を少しだけしました。トレーニングなし。

1/27(火) 24日とほぼ同じ練習メニューをしました。夜は部員の送別会をしましたがお酒はそこまで飲みませんでした。

1/28(水) 大学のレポートをしました。トレーニングなし。

1/29(木) 大学の池で手の様子をみながら、約30分間漕ぎました。

1/30(金)
午前:近所の山を約1時間ランニングして、公園でダッシュ3本。
午後:トレーニングセンターで筋トレ基本メニューをやってから、池で15分ほど漕ぎ、キャッチボール、シュート、1対1、鳥かご、スタートの練習をしました。


次回は神奈川カヌークラブの安藤選手です。



このページのTOPへ















































<第7回 安藤淳也 (神奈川カヌークラブ)>


1月31日(土)10:00〜15:00

練習場まで自転車(約6km)
Y校外周を3周(1週=約800m)
入念なストレッチ・・・腰痛持ちの為、最近は今まで以上に心がけている。
Y校プールにて練習
 メニュー:25m×20本 
       (フォワード、バック、カナディアン、ドローを5本ずつ)
      艇操作のトレーニング
       (バックスイープのピボット、ハイテレマークのターンをそれぞれ左右)
       (バウのアンダーカット、スイープをボールを使い左右)
      キャッチボール
       (利き手は当然ながら、利き手以外も練習、パドルキャッチも練習)
      シュート練習
       (ゴール四隅と勢いにのったドライブからのシュートを意識)

2月1日(日)も同様。10:00〜13:00

この週末はY校プールにて女子ユースの合宿が行われた。その練習に付き合った為に
軽めのメニューとなった。
 
 練習終了後、ジムへ行きトレーニング(1時間)
 有酸素系の自転車を中心にトレーニング。
 体が暖まったところでストレッチをしてクールダウン

2月2日(月)

 土日の疲れを取るためにこの日はオフ。
 しかし、朝から晩までバイト。オフとなっているのか不安に感じる。

2月3日(火)

 大学が春休みであり、時間ができたので、平日も漕ぐことにした。
 大岡川でトレーニング(1時間半)
 メニュー:1kmアップ
      約600m×6本(いつもは8本)
      艇操作のトレーニング
      1kmダウン

2月4日(水)

 ジムにてウェイトトレーニング(2時間)
 メニュー:15分間エアロバイクにてアップ、ストレッチ
      胸、背中、脚をマシンにてトレーニング(15回×2)
      ゴムの小さいボールを使い肩の内部の筋肉を鍛える。
      体幹、股関節のトレーニング(トルソエクササイズ)
      バランスボールスタンディング(30秒×2)
      ウォーキング&ランニング(30分間)
      ストレッチ

2月5日(木)

 オフ

 大学にて学内の広報誌の取材を受ける。広報誌の裏面に載るそうだ。

2月6日(金)

 ジムにてトレーニング(2時間)
 メニュー:30分間エアロバイクにて有酸素トレーニング、ストレッチ
      体幹、股関節のトレーニング
      バランスボールにてバランスのトレーニング
      バランスボールスタンディング&スクワット(30秒×2、10回)
      ストレッチ

その他トレーニングの為に行っていること
 @毎日自転車往復6kmをこぐ事
 A毎日ウォーキング20分ぐらい。

@は自宅からバイト先まで片道3kmあるからである。そしてバイト先に自転車をとめて大学へ向かう。
A人ごみと乗換えが嫌いなため、学生が利用しないような住宅街の駅から山を二つ越えて大学にたどり着くのが20分ぐらいかかる。冬でも大学に着く頃は汗だくになっている。

自主トレで気をつけていること

1. 寒さに負けない
2. けがをしないようにアップに時間を割く
3. 計画的に行う
4. 自己分析に基づいたトレーニングメニューの設定

自分のおすすめトレーニングは林選手と重なりますが、バランスボールです。これは自宅でも出来ますし、金額もお手ごろです。1,000円ぐらいで買えた気がする。トレーニングにも使えるのは当然ですが、ストレッチの補助用品としても使えます。例えばテレビを見るときにバランスボールに座って見るでも効果あります。
自分はジムで直径65cmのボールの上に立つことをトレーニングとしてやっています。これはバランス感覚を養うことができ、集中しないとすぐに落ちてしまうので集中量区を鍛えることができます。みなさん挑戦してみてください。くれぐれも怪我しないように。

最近は食事にもこだわりを持ってトレーニングをしている。というのも世界レベルの選手と戦う為には体重とパワーが必要である。その為増量を目標に2年前から取り組んでいる。
練習後のプロテインは欠かさないのはもちろんのこと、一度に食べる量を減らし、3食を4食に増やし摂取カロリーを増やし増量を目指している。2年前の目標でだった2kg増を最近実現させ、次の目標値にむけ取り組んでいる。

7月の世界選手権までのこり5ヶ月となった今、私達はすべてのエネルギーを7月で勝つために注がなくてはならないと考える。7月までの時間できることのすべてをやっていきたいと思う。

次回レポートは「長江選手」です。



このページのTOPへ
















































<第8回 長江 章裕(福井県カヌー協会所属)>

冬期トレーニング全体計画として以下のスケジュールを組んでやっております。
内容としては1時間から1時間半集中して行います。

  土、日:カヌーに乗艇(持久力、瞬発力、艇操作技術)
  月:ボール技術、軽いトレーニング、ストレッチ
  火:ボール技術、上半身最大筋力向上、ストレッチ
  水:ボール技術、下半身持久筋力向上、ストレッチ
  木:ボール技術、上半身持久筋力向上、ストレッチ
  金:オフ及び移動日


平日内容についてのみ詳しく書きます。

−ボール技術について−

 目的:ボール感覚を日頃より養う(ボールを見ないでもプレーできることを目的にしている)

 壁打ち:名の通り柱に向かい一人キャッチボール(左右)
      @リストのみで行う            壁際
      A肘を固定し、肘より上でのみ行う   壁より1m
      Bテイクバックをいれて行う        壁より4m
      Bについて・壁に5つの点をつけ、それめがけ片手で行う
       ・ボールを直視せず行う
 
ボールハンドリング:体の周りを回す等、ボールと戯れる(新しい発想も生まれる)


−最大筋力、持久筋力向上について−

 目的:基礎体力向上(ワンプレーの質の向上のため)

 ベンチ、ダンベルを使用し行う。
  (胸、後背、前腕、上腕、僧帽、三角、腹、斜腹、大腿、ヒラメ、ハムストリング等)

  記録をつけて現状確認、進歩状況を把握している。
  最大筋力:MAX重量×0.8 8〜10回  3、4セット
  持久筋力:MAX重量×0.5 20〜30回  3、4セット
  瞬発力 :1分間の最大回数を行う。(瞬発力に限り、非常に元気な日のみ)

−ストレッチ−

 目的:柔軟性(プレーの幅を広げる、怪我防止のため)

     基本ストレッチ、バランスどり

 目的を明確し、目標と現状のギャップを埋めれるよう、
 具体的な数字を記録に残すようにしております。


以下2月7日〜13日の内容を簡単にまとめます。


2/7(土)  第9回代表合宿1日目
 
  5キロ漕 試合6試合


2/8(日)  第9回代表合宿2日目

  5キロ漕 試合4試合 合宿の詳しい内容については北川氏合宿レポートを参照してください。

月曜日の段階で右肩に若干の痛みを感じたため、肩に負担のかかる種目は削除した。


2/9(月)  

  土日の疲れが残っているため軽い項目 

 ボール技術       30分
 ストレッチ、バランス  30分


2/10(火)

  ボール技術       30分
 
  上半身最大筋力 
   左側のみ、ダンベル使用(後背、前腕、上腕、僧帽、三角、腹、斜腹等)40分
 
  ストレッチ、バランス  20分


2/11(水)

  ランニング       15分 
  ボール技術       20分
 下半身持久筋力 スクワットのみバーベル使用 他はノーウエイト 30分
 ストレッチ、バランス  20分


2/12(木)

  ランニング       15分 
  ボール技術       20分
 上半身持久筋力 左側のみ、ダンベル使用 40分
 ストレッチ、バランス  20分


2/13(金) 

 オフ 



最後に、社会人となり、睡眠時間とトレーニング時間の天秤が常に働いております。
『やるか、やらないか』の2択、
自分の未来像のため『やる』の選択を今後ともとり続けます。



次回レポートは「バルタン@増井選手」です。



このページのTOPへ



















































<第9回 増井 康男(BPCSeaMonkey所属)>

2/14(土) 保田ヶ池にて練習。晴れ、無風。

午前
ランニング 池4周(小回り)タイム 18分57秒
陸上にてストレッチ

第9回代表合宿メニューの5km漕のタイムが40分33秒だったので41分間漕(約 保田ヶ池8往復)を行う。
ピッチ遅くして、キャッチでしっかり水をつかみ、ストロークを大きく強くし、背中の筋肉に大きな負荷がかかる様に意識して漕ぐ。

艇操作練習(バック漕、幅寄せ、ターン、バウ沈め)を30分間行う。

午後
地元メンバー8人と練習。
キャッチボール
シュート練習
3対3
マンツーマン 10分×2セット

2/15(日)  保田ヶ池にて練習。曇り、強風。

午前
ランニング 池4周(小回り)タイム 18分53秒。
土曜日と同じメニューを行う。

午後
午後も41分間漕も行う。体調が良く、よく漕げる日だった。
縦1コート ダッシュ×10本

前回レポート者 福井の長江選手と練習。
キャッチボール
ハーフコートで1対1×20本

2/16(月) オフ

2/17(火)
ランニング 20分間
ストレッチ
懸垂 15回×3セット
反動(体を揺らすことにより勢いがつき負荷が軽くなる)を使わずに行う。

壁撃ち(ボールを投げる、キャッチするトレーニング) 20分間
左右両方、チェストで投げる。
全力投球時にフォームを意識して投げる。バルタンシュート(いつも投げる球とは比べ物にならない速い球。年に数回、無意識でしか投げられない。)を意識して撃てるように研究中。

2/18(水) オフ

2/19(木)
懸垂 15回×3セット
腹筋 50回×3セット

2/20(金)
ランニング 40分間
ストレッチ
壁撃ち 30分間

社会人2年目になり、朝6時に起き、夜は残業+1時間20分の通勤で10時頃帰宅という生活をしております。平日のトレーニングは時間を余り取れないので、メニューを絞って行ない、カヌーで活かせるものをやるとしています。

最後に「バルタン」を知らない人のために
代表合宿時に長利監督に「バルタン星人に似てね?」と言われたことがきっかけで「バルタン」と呼ばれるようになる。オーストラリア遠征前の練習で3チームに分けて試合を行った。その際の私の所属チーム名が「バルタンズ」、名前の響きがかっこいいということで一気に大ブレイク。中指と薬指の間を空けて両手でハサミを作り「フォ、フォ、フォー」というギャグまで生まれる。
しかし、オーストラリア遠征のクラブチームの部のベースとなるチームを賭けたリーグ戦で敗れ「バルタンズ」解散。Nabes, SAMURAIに吸収され、ブームが去る。

今では「ヒゲ」、「マシュイ」などと呼ばれています。



次回レポートは「芦原フェニックス@上木選手」です。



このページのTOPへ



















































<第10回 上木 大輔(芦原フェニックス所属)>


2/21(土) なし

2/22(日) 北潟湖で練習&ジムでウェイトトレーニング
○天気  晴れ 
○気温  たぶん今年最高
○風   たぶん今年最強・・・
○メニュー ダッシュ
      ターンの練習
      艇操作の練習
      ロール×1(強風にあおられ…)

予定では長い距離を漕ごうと思っていたのですが、波が高かったため艇のバウンドが激しく、パドルも刺せたり刺せなかったりだったので断念。
波の少ないところを探して、ターンと艇操作が中心の練習になりました。
1時間後、集中力がなくなり終了。
物足りなさを感じ、ジムへ行くことに。
客は自分以外誰もおらず、とても集中してすることができました。
プッシュ系を中心に胸、肩のトレーニングを1時間ほど行って、この日のトレーニングは終了です。

2/23(月) なし 

カヌーポロのページのオフトレが更新されていたので、読んでみる。
増井さんのレポートの中に登場する長江さんに付いていた「福井の」が妙に気になる。
チームメイトと思われるのがいやなのかな・・・。

2/24(火) ジムでウェイトトレーニング

背力、腕、手首のトレーニングを1時間ほど行いました。

2/25(水) ランニング&バレーボール

オフトレとは関係ありませんが、毎週水曜日の夜はバレーをしています。
バレーの前に30分間施設内をグルグルとランニングしました。
いつもはランニングをすると、必ずと言っていいほど左足のスネが痛くなったのですが、この日は全然平気でした。
どーやらランニングのフォームはよくなったみたいです。。。

2/26(木) なし

2/27(金) ランニング&ウェイトトレーニング&陸上キャッチボール

いつもはオフ曜日ですが、次の日(土曜日)は漕げない可能性があったので、この日はウェイトトレーニングを行いました。
ランニングを10分間、胸、背中、肩のトレーニングを1時間程行った後、チームメイトの中辻さんと(この日は中辻さんもトレーニングしてました。)キャッチボールを10分程しました。




次回レポートは「佐倉INVERS@井桁選手」です。



このページのTOPへ



















































<第12回 千田 哲久(BPCSeaMonky所属)>



3月6日(土)
・保田ヶ池の周りを10分ランニングし、ストレッチ。
・300mをフォワードで漕いで折り返し、300mをバックで漕ぐ(10本)
・キャッチボール
・1on1
・腹筋100回

3月7日(日)
・保田ヶ池の周りを10分ランニングし、ストレッチ。
・300mをフォワードで漕いで折り返し、300mをバックで漕ぐ(3本)
・キャッチボール
・マンツー
・ゲーム
・300mをフォワードで漕いで折り返し、300mをバックで漕ぐ(3本)
・腹筋100回

3月8日(月)・・・オフ

3月9日(火)
・10分ランニング、ストレッチ
・100mをフォワードで漕いで折り返し、100mをバックで漕ぐ(10本)
・ストレッチ

3月10日(水)
・10分ランニング、ストレッチ
・100mをフォワードで漕いで折り返し、100mをバックで漕ぐ(6本)
・腹筋100回
・ストレッチ

3月11日(木)
・10分ランニングし、ストレッチ
・100mをフォワードで漕いで折り返し、100mをバックで漕ぐ(15本)
・ストレッチ

3月12日(金)・・・オフ

この週は土日に代表合宿が控えていたため、筋トレは行わず、漕ぐことにした。


社会人になってはや3年目。学生時代と比べて必然的に時間が制約されるため、カヌーを漕ぐ日が土日のみになってしまった。
そして、海外遠征する度に付きつけられる外国人との「漕力の差」。
そんなとき「スラロームの選手は平日の朝漕いでいる」と聞いた。
これは頂こうと思い、シーズンオフの12月末からポロ艇を持ち帰り、
平日の朝に近くの川で漕ぐことを採りいれた。
冬場の朝ともなると、辺りは真っ暗で非常に寒く孤独感があり心が折れそうになる。

1度の妥協で悔しい思いをするのは嫌だろ!!と言い聞かせながら体にムチ打ってやっています。

◎余談・・・心が折れそうになったとき」
・寝不足のとき(ほとんど)
・同じ区域の川で水死体があがったとき(1月)
・「無許可で遊ぶな」と防犯警戒中の警察に叱られたとき(3月10日)


〜次回は我等がアニキ「北川紀敬選手」です〜



このページのTOPへ


















































<第13回 北川紀敬(BPCSeaMonky所属)>


3月13,14日 
○合宿in佐倉 内容につきましては合宿レポートをご覧下さい

3月15日
○ オフ

3月16日
○ ランニング(保田ヶ池2周:約1キロ)
○ アップ(ストレッチ等)
○ 艇操作 30分
○ サーキットトレーニング(腹筋、腕立て、背筋、ディッピング 30×3セット)

3月17日
○ ランニング(1周)
○ アップ
○ ロング漕(約4キロ)
○ ダッシュ&ターン(約20m×8本)

3月18日
○ ランニング(1周)
○ アップ
○ 約800m×5本
○ ダッシュ&ターン

3月19日
○ ランニング
○ アップ
○ ロング漕
○ ダッシュ&ターン

今週は昼からの勤務であったことから乗艇することが出来ました。前回の千田選手も書いているように社会人になってからは乗艇できる時間も限られてきます。やはり漕ぐ時間は重要です。この勤務以外の平日はは毎週月曜日はオフの日とし水、金曜はジムで筋トレ、その他はランニング、サーキットトレーニング、土日は乗艇しています。
週末に保田ヶ池競技場のゴールが新設されました。世界選手権に向けて着々と整備がされてきています。本番に向け最強の日本代表チームを作り上げていきましょう。



このページのTOPへ