第3U21代表合宿レポート



●開催日程:7月19〜20日 
    場所:千葉県佐倉市印旛沼中央水路カヌーポロ場

 今回の合宿は千葉県の印旛沼で行いました。

 今回は前回に続いて1-3-1のフォーメーションの練習をしました。
三回目の合宿ということもあって以前よりはコミュニケーションが取れるようになってきて、試合での動きも徐々にわかってきました。
あとは実際にその動きをすればいいのですが、それが難しくてなかなか機能しなかったこともありました。
声を出すことがかなり重要なのでしっかりと声をだしたほうがいいと思いました。
特に自分は全然声を出せなかったので。。。

 今回はマンツーの練習もしました。
今回はスクリーンをすることが全体的にすくなかったので次回マンツーをするときはスクリーンを積極的にするようにできればいいのではないかと思いました。
スクリーンをすれば各々で抜きにかかるよりもしっかりとしたスペースができ、そのうえ、体力を無駄に使わずに攻められていいと思いました。

 合宿の最後にはローテティングゾーンを見せてもらいましたが、なんて説明していいのか難しいところですが、この守り方は本当に声が必要で声がなければみんなが混乱してしまいそうな感じでした。

 二日間を通してみてAランクの人とBランクの人では個人の能力の差が激しいので、早いうちにみんなが同じレベルになれればもっと緊張感を増した、お互いが切磋琢磨してチーム全体がかなりレベルアップできるのではないかと思いました。

 個人的には試合中に声が出せなかったことと、ゴールまえでのミスが大分目立ったので九月の合宿までには克服していきたいと思います。


群馬県カヌー協会 金井健司