【 2002年世界選手権 日本代表選手選考会 】



5月3〜4日にかけて、愛知県三好町保田ヶ池カヌーポロ場にて

 『 2002年世界選手権派遣選手選考会 』

が行われました。

今回は2002年9月にどいつで開催される世界選手権へ日本代表として出場する選手を選ぶもので、 21歳以下のカテゴリーとそれ以外の合計2チームが選考されました。

第1回の選考会では基礎能力が基準になったのに対し、今回は複数の人数でのプレーが中心の選考となりました。


実際に行われたのは

 スクウェアパス
 ハーフコート3対3
 フルコート3対3(ディフェンス:マンツーマン)
 5対5(試合形式)

以上の種目です。


今回の選考ではフル代表は12人枠・U21は10人枠が決められ、今後の選考にて人数が絞られていきます。


第2回フル代表選考選手

 安藤 淳也
 生村 公徳
 生田 剛志
 井桁 孝浩
 岩永 修平
 上木 大輔
 千田 哲久
 鈴木 武
 丹羽 健太郎
 別宮 義之
 保谷 健太
 渡辺 欽之
  (名前順)


21歳以下代表選考選手

 石井 由
 井上 肇
 大枝 達也
 加藤 晃基
 土屋 秀太
 萩谷 眞幸
 水谷 一星
 山崎 秋良
 吉田 幸輔
 吉田 琢
  (名前順)

佐倉インヴァース
生田剛志