ルール1


13.IDENTIFICATION
背番号
13.1 The players of a team shall each be numbered from 1 to 99.
This number shall be displayed on the body covering and on the helmet.

選手は1〜99までの番号づけされる。
この番号はボディカバーとヘルメットに表示される。
つまり背番号が1〜10だったのが99まで使えるようになりました。


21.TIME-OUT
タイムアウト
21.1 The referee shall use a triple whistle to stop the game for time-out.

レフリーはタイムアウトでゲームを止めるために笛を3回吹く。
21.2 Time-out must be given if a capsized player or their equipment is interfering with play.

転覆した選手かその装備が競技を妨げているならば、タイムアウトは与えられなければならない
21.3 Time-out should be used immediately when game regulations are dangerously breached or if field equipment needs c orrection or adjustment.
(for example: endangering another player due to a broken paddle).

ゲーム規則が危険に違反されたり、フィールド装備を直したり調節したりする必要があるとき
(例、壊れたパドルのため他の選手が危険になる。)タイムアウトは即座に吹かれるべきである。
21.4 Time-out should be used if any injury has occurred, or a player is illegally on the field,
provided this does not disadvantage the other team.

怪我が起きた時や、選手が不当にフィールドにいるのならば、タイムアウトは吹かれるべきである。
またこれは相手チームに不利にならないように生じる。
21.5 Time-out should be used after a goal is scored, or a goal-penalty-shot or free shot is awarded or for any other incidences at the discretion of the referee.

ゴールが決まったときや、ゴールペナルティーショット(以下略GPS)フリーショット(以下略FS)与えられたとき、
審判の判断に何か発生したときにタイムアウトは吹かれるべきである。
注)時間が許すのならば得点後リスタートするまでタイムアウトを取るべきである。
21.6 If the referee has stopped the game, not during a break in play and where neither team was at fault(e.g. referee error, faulty goals, injury) the play will be restarted with a free throw to the team that last had possession.
Where time-out was given for a capsized player the opposition is given a free throw to restart.
If the referee cannot determine who had possession at the time of the whistle,
the referee will restart the game with a referee' s ball. Signal 8 applies.

もし競技中に両チームともミスはないときに審判がゲームを止めてしまったら
(誤審、誤認ゴール、怪我)試合は最後にポゼッションをしていたチームのFSで開始される。
転覆した選手のためにタイムアウトが与えられた場合、相手チームにフリースロー(以下略FT)が与えられる。
注)ポゼッション:所持と言う意味であるがいろんな意味があるのでそのままの言葉で書いた。


22.CHOICE OF END
エンドの選択
22.1 The first named team on the game sheet will start on the goal line at the left-hand side of the official table unless one of the captains or the Chief Official request a toss of a coin to determine the choice of ends.

陣地決定のコイントスをキャプテンかチーフオフィシャルが要求するまで、
ゲームシートに最初にかかれているチームはオフィシャルテーブルの左手側のゴールラインからゲームを開始する。


23.COMMENCEMENT OF PLAY
試合開始時
23.1 At the beginning of each period of play, five (5) players will line up ready to start,
stationary and with some part of their kayaks on their own goal line.

競技のそれぞれのピリオド開始に5人の選手はカヤックの一部を自陣ゴールライン上に静止させ、開始の準備をする。
23.2 The referee will blow the whistle to start play and then release or throw the ball into the centre of the playing area.

審判は競技開始の笛を吹き、装置をはずすかボールを投げることで競技エリアの中心にボールを入れる。
23.3 If the ball is released or thrown giving one team definite advantage, the referee shall call for the ball and shall restart for the commencement of play.

もしボールが解放されるか投げられた後どちらかのチームにはっきりとしたアドバンテージがあるのならば、審判はボールを戻し競技の開始をやり直す。
23.4 Physical assistance from other players is not allowed on the player attempting for the ball. Infringement incurs a free throw. Signals 1 and 14 apply.

ボールを得ようとする選手への他の選手からの物理的援助は許されない。反則にはFTが与えられる。シグナル1と14適用。
23.5 Only one player from each team may make an attempt to gain possession of the ball. Any other player that accompanies the player attempting for the ball must not be within a radius of three (3) metres from the body of the player attempting for the ball. Infringement incurs a free throw. Signals 1 and 14 apply.

チームから一人だけボールのポゼッションを得ようとしてよい。ボールを得ようとしている選手についてく他の選手はボールを得ようとしている選手の体から半径3M以内に入ってはいけない。
注)半径3Mというのはカヤック一艇分である。最初の接触が行われた後に他の選手がボールに対してプレイすることは許されると思われる。


24.BALL OUT OF PLAY
ボールがアウトした時
24.1 Sideline and overhead obstacle: When any part of the ball touches the physical sideline or the vertical plane of the physical sideline, or touches any overhead obstacle, the team that was not the last to touch it with their paddle, kayak or person is awarded a sideline-throw. Signals 5 and 14 apply.

サイドラインと頭上障害物:サイドライン、サイドラインの垂直面や頭上の障害物にボールの一部が接触したとき、パドル、カヤック、人等が最後に触っていないチームにサイドラインスロー(以下略ST)が与えられる。
24.2 If the physical sideline is moved out of position as a consequence of normal play, the boundary moves with it.

もし通常プレイの成り行きでサイドラインが動いたのならば境界線はそれとともに動く。
注) もし風などでラインが流れた場合、そのラインが境界線となるという解釈になるが、試合開始時に大きくロープがたるんでいた場合どちらかのチームに不利益が生じるのでは?皆さんの意見を求む。
24.3 Sideline-throw. The player taking the throw must position their body at the point of exit of the ball or the point of the sideline nearest to the point of contact of an overhead-obstacle.

ST:ボールを投げる選手はボールアウトになった地点、または頭上障害物の接触したところに一番近いサイドラインの地点に体を位置しなければならない。
24.4 Goal-line: Either a goal-line or corner throw will be awarded when any part of the ball touches the vertical plane of the front of the goal frame between the corner markers, except where a ball rebounds off the goal frame (not the goal supports) into the playing area or where a goal is scored.

ゴールライン:ゴールラインスロー(以下略GT)やコーナースロー(以下略CT)はコーナーマーカーの間にあるゴールフレームの前の垂直面にボールの一部が接触したときに与えられる。
しかし、ボールがゴールフレーム(ゴールの支持ではない)に跳ね返り競技エリアに落ちた場合と、得点されたときを除く。
24.5 Goal line throw: When the ball goes out over the teams own goal line and has been last touched by the other team then a goal line throw will be awarded. Signals 6 and 14 apply. The team will take the throw from anywhere along the goal line.

GT:ボールが自陣ゴールラインを越え相手チームが最後にボールを触っていた場合にGTが与えられる。
シグナル6と14適用。チームはゴールライン上のどこからでもスローできる。
24.6 Corner-throw: When the ball goes out over the teams own goal line and was last touched by their own team then a corner throw will be awarded. Signals 5 and 14 apply. The player taking the throw must position their body in the corner of the playing area.

CT:ボールが自陣ゴールラインを越え自分のチームが最後にボールを触っていた場合にCTが与えられる。
シグナル5と14適用。スローする選手は競技エリア内のコーナーに体を位置しなければならない。