ルール2


25.SCORING A GOAL
得点
25.1 A team scores a goal when the whole of the ball passes through the plane of the front of the goal frame of their opponent's goal. If a goal is not rigidly fixed, and moves the ball must go through the goal frame. Signal 3 and time-out applies. The referee will indicate the number of the player scoring the goal to the scorekeeper. Signal 3 applies.

ボールのすべての部分が相手ゴールのフレームの前面を通過したときチームはゴールを得る。
もしゴールが固定されてなくボールがゴールフレームを通過するに違いないよう動いた。
シグナル3とタイムアウト適用。レフリーはスコアキーパーにゴールと得点した選手の番号を示す。
25.2 If the ball is prevented from entering a goal by either a defender's or substitutes paddle that enters the goal from behind, then a goal is awarded.

ディフェンダーや控えの選手のパドルでゴールの後ろからゴールにボールが入るのを妨げられたならば、得点は与えられる。


26.RESTART AFTER GOAL
得点後のリスタート
26.1 After a goal has been scored the team who have conceded the goal will take the restart throw from the centre of the playing area. The referee will blow the whistle to restart play. There is no requirement for the player to hold the ball above their head.

得点が決められた後、ゴールを決められたチームが競技エリアの中央からリスタートスロー(以下略RT)をする。
審判はRTのため笛を吹く。
26.2 All players of both teams must start with their bodies in their own half.

両チームのすべての選手は自陣ハーフに体を位置し開始しなければならない。
注)ルールに書いてあるように両チーム共自陣に戻らなければ試合を開始できない。
そのために相手の準備が整わないうちに開始するということは不可能である。
開始位置は中央とあるが、ひどく曖昧である。
センターラインにカヤックの一部を乗せてリスターとスローを開始するようにすれば間違いがなくいいアイデアではないでしょうか。


27.CAPSIZED PLAYER
脱艇
27.1 If a player capsizes and leaves their kayak, the player may not take any further part in the play and must leave the playing area immediately, with all of their equipment. If a player who has capsized wishes to rejoin the game the player must do so according to the rules of entry to the field of play. No person may enter the playing area to assist a player with their equipment, and no-one may obstruct the referee while assisting a player. A team may be penalised during a game for any illegal outside assistance, or for any interference with the opposition that constitutes outside assistance. The referee to determine the severity of the sanction.

もし選手が転覆し脱艇したならば、どんな形でも競技に参加してはいけなく、全ての装備と共に即座に競技エリアから離れなければならない。
脱艇した選手がもしゲームに再び参加したいのであれば、選手は競技フィールドへの入退場のルールに従わなければならない。
脱艇した選手とその装備を手伝うために競技エリアの中に入ってはならないし、選手を手伝っている間に審判の邪魔をしてはいけない。
ゲーム中の不適当な外部からの援助、相手を妨害する外部援助などにチームは罰せられる。



28.ENTRY TO THE PLAYING AREA, RE-ENTRY AND SUBSTITUTION
交代全般
28.1 No more than the legally allowed number of players from a team may be on the playing area at any one time.

競技エリアの中に一瞬でも通常より多くの人数がいることは認められない。
28.2 Substitutes must wait in the substitutes area. The substitutes area is the area behind the goal lines excluding four (4) metres either side of the centre of the goal frame.

控え選手は控え選手エリアの中で待機してなければならない。
控え選手エリアはゴールフレームの中央から横に4Mを除くゴールラインの後ろのエリアである。
28.3 Exit and entry of players for substitution must be at the teams own goal line. The whole of the player's kayak must leave the playing area before the substitute may enter the playing area. Substitution is not allowed if any equipment for example a paddle or helmet remains on the playing area. Substitution is allowed at any time.

控え選手の入場退場はチームの自陣ゴールラインでなければならない。
控え選手が競技エリアに入場する前に選手のカヤックの全部分が競技エリアから出ていなければならない。
選手は全ての装備、例えばパドルやヘルメットなどを競技エリアに残してはいけない。
控え選手の交代はどんな時でも許される。
28.4 A player leaving the playing area solely as part of the action of the game is not subject to the conditions for re-entry.

ゲーム行為の一部として単に競技エリアから離れることはリエントリーのための状況にはならない。
注)?。なんだかうまい日本語になりません。
恐らくキーパーの後ろを通ることは通常プレイで交代とは関係ありませんよ。てことでしょうか?誰か教えてください。
28.5 A capsized player who has not left the playing area at their goal line may be substituted not earlier than the next break in play. All of the capsized players equipment (for example kayak and paddle) must be removed from the playing area before a substitution is allowed.

転覆した選手がゴールラインから競技エリアを離れなかった場合競技の次の中断まで控え選手と交代できない。



29.ILLEGAL SUBSTITUTION AND ENTRY TO THE PLAYING AREA
交代時に反則をした時
29.1 Where more than the legally allowed number of players from a team are in the playing area at any one time the player(s) coming illegally into the playing area should be given a yellow card(s), and the team required to play with one less player on the playing area than they had prior to the offence occurring for the duration of the yellow card. If it is not clear which player(s) should exit the playing area then the teams captain must nominate a player(s). Infringement incurs a sanction. Signal 7 and 14 apply.

一瞬でも不適当にチームから許された通常人数以上競技エリア内に入ったら、イエローカード(一枚かそれ以上)が与えられるべきである。
そしてそのチームはイエローカードの効力中に競技エリアで一人少ない選手で競技することを要求される。
29.2 In the event of a substitute placing their paddle in the playing area to prevent a goal from being scored, a goal penalty shot shall be awarded. The offending player should be penalised with a red card and the team must play with one less player on the playing area then they had prior to the offence occurring for the remaining time of the game. Infringement incurs a sanction. Signals 15, 16 and 7 apply.

得点されることから競技エリア内にパドルを入れゴールを妨げる控え選手の行為にゴールペナルティーショット(以下略GPS)が与えられる。
反則を犯した選手はレッドカードを与えられるべきでありそのチームは競技エリア内で一人少ない人数で競技しなければならなくゲームの残り時間全て続く。
反則には制裁が与えられる。シグナル15,16と7適用。



30.ILLEGAL USE OF THE PADDLE
パドルの反則
30.1 Contacting an opponent' s person.

相手の体に接触する。
30.2 Playing, or attempting to play, the ball with a paddle when the ball is within arms reach of an opponent, and that opponent is attempting to play the ball with their hand.

相手の手の届く範囲内にボールがあるときパドルでボールに対しプレイするまたはプレイしようとすること。
30.3 Attempting to play the ball with a paddle across the bow of an opponent' s kayak, within arms reach of the opponent in a normal paddling position.

通常のパドリングポジションである相手の手の届く範囲内に相手のカヤック越しにパドルを出しボールにプレイしようとすること。

30.4 Placing a paddle within arms reach of an opponent who has the ball in their hand. A goalkeeper is excluded from this rule and is allowed to directly defend against a shot at goal as long as the paddle is not moved towards the opponent at the time of the shot and is not used in a deliberately dangerous manner.

手にボールを持っている相手の手の届く範囲内にパドルを置くこと。ゴールキーパーはこのルールから除外され、故意に危険なマナーを使わないでショットの時に相手のほうに向かってパドルを動かさない限り直接ディフェンスすることを許される。
注)自分で手を伸ばしぐるっと回してみると分かるが手の届く範囲というのはかなり広い。
選手審判はそれを認識しなければならない。
ゴールキーパーはこのルールから除外されると書いてあるがいくつか制約がある。
ゴールキーパーの方から相手の手の届く範囲内にパドルを置いた場合、基本的に相手に向かって振っていることになるのでファールであると考えられる。
ボールを持っている選手がゴールキーパーの方に近寄ってきたときに縦振り以外でパドルを動かしてよいということです。
相手か持っているボールや相手の手に接触したらもちろん反則。
30.5 When a player, with their paddle, attempts to restrict an opponent using their paddle.

パドルで相手の持っているパドルを制限しようとするとき。
注)カヤック越しにパドルを出されたときにそのパドルに自分のパドルが接触しボールを確保することは通常プレイの内と考えられる。
その理由は、ボールに対してプレイをして結果パドルに接触してしまったと考えられるからである(パドルに対してプレイをしたということが明確でない)。
しかしボールそっちのけで相手のパドルだけ押さえていた場合はこのルールが適用されると考えられる。

一言)どこまでが通常プレイでどこからが反則のプレイなのか明確な線引きをしなければならない。
その線引きが明確なら明確なほど解釈の統一がされ審判への不満も減ってくるはずである。
30.6 Throwing a paddle.

パドルを投げること。
30.7 Any other use of a paddle that endangers a player.

選手を危険にさらすそのほかのパドルの使用。