ルール5


39.REFEREE'S BALL
審判ボール
39.1 A referee's ball will be declared when two or more players of opposing teams have one or more hands firmly on the ball, so that the players share possession of the ball for five (5) seconds. If initial contact is made directly with the ball illegal holding will only apply if either player uses the opposition for support.

敵対するチームの2人かそれ以上の選手が一つかそれ以上の手でボールを固く保持し、そのため5秒以上選手がポゼッションを分かち合ったら審判ボールが宣告される。
最初の接触がボールだけであっても、どちらかの選手が相手を支持力に使ったのならば違反となるホールディングが適用される。
39.2 If the referee needs to stop the game, not during a break in play and where neither team is at fault (e.g. referee error, faulty goals, injury) and the referee cannot determine who had possession at the time of the whistle, the referee will restart the game with a referee' s ball.

競技中断中ではないときに試合をどちらのチームにも過失がなく(誤審、誤認ゴール、けが)審判がゲームを止める必要があり、ホイッスルの時にどちらのチームがポゼッションをしていたか審判が決定できなかったのならば、審判は審判ボールで試合を再開する。
39.3 A referees ball will be taken at the nearest point on the sideline to the incident. Where a referee's ball is awarded for an incident that occurs between the six (6) metre line and the goal line, the referee's ball will be held at the nearest six (6) metre line. Signal 8 and Time-out applies.

審判ボールはそれが起こった所に一番近いサイドラインのポイントで行われる。審判ボールが6Mラインとゴールラインの間で起こった場合、審判ボールは一番近い6Mラインのところで行われる。シグナル8とタイムアウト適用。
39.4 Two opposing players will line up at right angles to the sideline, on the side nearest their own goal line, near to the sideline where the situation occurred, one metre apart facing the referee. They will place their paddles on the water, but not between their kayaks and their hands on the deck of the kayak or on their paddle.

2人の対抗する選手は試合が止まった場所に最も近いサイドラインの自陣ゴールラインに近いほうへ相手と1M離れ、審判の方を向き直角に整列する。パドルを水上に置くが対抗する選手とのカヤック間においてはいけず、カヤックのデッキかパドルの上に手を置く。
39.5 All other players must be at least three (3) metres away from the point between the two players participating in the referees ball.

審判ボールに参加している選手たちの中心から最低3M他の選手たちは離れなければならない。
注) 特に自陣側に位置しなければならないというルールは描写されていない。したがって上記の条件を満たしていればどこに位置していても良い。
39.6 The referee will throw the ball on the water between the players and blow the whistle to restart play. Both players must make an attempt for the ball with their hands as soon as it touches the water. The players must not play the ball before it hits the water. Infringement incurs a sanction. Signals 11 and 15 apply.

審判はボールを選手たちの中心の水上に投げ競技再開のため笛を吹く。ボールが水に触ってから両チームの選手はボールを手で取ろうとしなければならない。ボールが水に触る前にボールにプレイしてはいけない。違反には反則が与えられる。シグナル11と15適用。

注) ほとんどの人がこれって間違いでは、と思うかもしれませんがシグナルは11、違反となるポゼッションを適用します。間違いではありません。



40.ADVANTAGE
アドバンテージ
40.1 The referees can allow play to continue when the team in possession is benefited by play continuing as a result of an infringement by an opponent, if neither referee has blown the whistle. The referee should recognise the illegal-play by signalling play-on. Signals 13 and 14 apply.

もし両審判とも笛をふいてないならば、相手による反則の結果プレイを続けることによりポゼッションをしているチームが利益を受ける時審判はプレイを続けることができる。

注)基本的に審判は反則のホイッスルを吹いた方が良い。ホイッスルを吹いてもすばやいリスタートをする権利が選手の側にあるので笛を吹いとけば間違いはない。上級審判になるにつれアドバンテージを取るべき場合の時きちんと取るようにしていこう。
40.2 The referee can penalise any player who causes an infringement for which advantage is played at the next break in play with a yellow or red card.

審判はアドバンテージで競技された次の競技停止時にその反則をした選手にレッドカードやイエローカードで罰則を与えることができる。

注) もちろんグリーンカードを与えることもできる。
40.3 Advantage is to be indicated if there is no infringement but players think there is an infringement and have stopped play. (For example a whistle from another playing area, crowds etc.)

もし反則がなくても選手が反則があったと考え競技が止まってしまった場合(例、他の競技場からの笛、観衆)、アドバンテージが示される。

一言) 審判に義務はないのだが、もしアドバンテージを取るのならば審判はハンドシグナルと共にAdvantage や Play on の声も出すべきである。これによりより円滑なゲーム運びをすることができると私は信じている。



41.SANCTIONS
カード
41 The referee can impose any combination of the following sanctions for illegal-play depending on the severity and/or frequency of offences being penalised. The referee may send a player off the playing area for varying periods depending on the severity and/or frequency of offence being penalised. Timing of send-offs is suspended for periods of time out or intervals of play.

審判は違反となるプレイに対し、罰則される違反の激しさと(や)頻度により以下の制裁を組み合わせ付随することができる。審判は罰則される違反の激しさと(や)頻度によりピリオドが変わるとき競技エリアから選手を退場させてもよい。退場のタイミングはT.Oの時や、競技の中断中である。
41.1 Goal-penalty-shot. Signal 16 and time out applies.

G.P.S.シグナル16とT.O適用。
41.1.1 A goal-penalty-shot will be awarded for any deliberate and/or dangerous offence in the six (6) metre area where a player is fouled in the act of shooting, or passing or positioning for a near certain goal. The act of shooting begins when a player has contact with the ball, with their hand or paddle, and is clearly attempting or preparing for a shot.

G.P.Sは6Mエリア内のゴールがほぼ確実なシュート,パス,ポジショニングの体勢に入っている選手が、意図的で(又は)危険な違反をされた場合に与えられる。シュートの行為は選手が手かパドルでボールをコントロールしはっきりとシュートしようとしたか又は準備をした時に始まる。
41.1.2 A goal-penalty-shot can be awarded for an offence where a player, outside the 6 metre area, is fouled in the act of shooting or passing or positioning for a near certain goal, whilst the goal is not otherwise defended if no attempt is made to avoid illegal play (deliberate) and/or an offence where paddle contact with the ball in the opponents hand or any illegal play that endangers the opposition occurs (dangerous).

ゴールが守られていない間、6Mエリアの外でのゴールがほぼ確実なシュート,パス,ポジショニングの体勢に入っている選手が、違反となるプレイを避けようとしない(意図的に),相手が手で持っているボールをパドルで触る,又は他の相手選手を危険にさらす全ての違反となるプレイ(危険),等の反則をされた場合、違反にG.P.Sは与えられることもある。

注) ゴールが守られていない間とはキーパーが入っていない時と考えられる。
41.2 Free shot. Signal 15 applies.

F.S.シグナル15適用。
41.2.1 A Free shot may be a direct shot at goal. General play resumes when the ball has travelled one metre horizontally or changed possession to another player of the team. A free shot will be awarded for offences where a goal-penalty-shot, corner throw, goal-line throw, or a centre re-start has not been awarded.

F.Sは直接ゴールを狙ってもよい。一般的な競技はボールが水平方向に1M移動するか、チームのほかの選手にポゼッションが移った時に再び始まる。F.SはG.P.S,CT,ゴールラインスロー(以下略G.L.T),センターリスタートスロー(以下略C.R.T)が与えられなかった場合の違反に与えられる。

注) F.Sは日本で「一本」と呼ばれるものである。違反となるスクリーン、違反となるホールディング、違反となるポゼッション、違反となるタックル、違反となるパドルの使用、の反則の場合はいかなる場所でも(6Mエリア外でも)直接ゴールを狙ってもよい。つまりF.Sが与えられる。
41.3 Free throw. Signal 14 applies.

F.T。シグナル14適用。
41.3.1 A Free throw may not be direct at goal. General play resumes when the ball has travelled one metre horizontally or changed possession to another player of the team. A free throw will be awarded when a goal-penalty-shot or free shot has not been awarded.

F.Tは直接ゴールを狙ってはいけない。一般的な競技はボールが水平方向に1M移動するか、チームのほかの選手にポゼッションが移った時に再び始まる。F.TはG.P.SとF.Sが与えられなかった時に与えられる。
41.4 Player sent off for the rest of the game. Signal 17 with a red card applies.

ゲームの残り時間退場。シグナル17とレッドカード適用。
41.4.1 A red card must be awarded to a player receiving a second yellow card for any reason.

どんな理由であれ2枚目のイエローカードを受けた選手にレッドカードは与えられなければならない。
41.4.2 A red card should be awarded when a yellow card is disputed or has not had the desired effect of causing the player to control their play or attitude.

イエローカードに異議を唱えたり選手の態度やプレイをコントロールするためにイエローカードを与えたが効果がないときに、レッドカードは与えられるべきである。
41.4.3 A red card should be awarded if a personal attack on a player occurs.

もし選手への個人的な攻撃がなされたらレッドカードが与えられるべきである。
41.4.4 A red card should be awarded for repeated and continuous foul or abusive language.

繰り返し続けて反則をする,暴言を吐く等をする選手に、レッドカードは与えられるべきである。
41.4.5 If a player is sent off for the rest of the game, the player cannot be replaced by a substitute.

もし選手がゲームの残り時間退場となったら他の控えの選手と代わることはできない。
41.5 Player sent off for two (2) minutes. Signal 17 with a yellow card applies.

2分間退場。シグナル17とイエローカード適用。
41.5.1 A yellow card must be awarded to a player receiving a third green card for any reason.

どんな理由であれ3枚目のグリーンカードを受けた選手にイエローカードは与えられなければならない。
41.5.2 A yellow card should be awarded for a deliberate and/or dangerous foul that prevents the scoring of a near certain goal where the referee feels that the awarding of only a free shot will not have the desired effect.

ほとんど確実なゴールへの得点を妨げる意図的で(又は)危険な反則へ、F.Sを与えるだけでは効果がないと審判が感じる場合、イエローカードは与えられるべきである。
41.5.3 A yellow card should be awarded for dangerous illegal play, that is deliberate, repeated, or where no attempt is made to avoid dangerous play.

意図的で繰り返し行われる,危険なプレイを避けようとしない場面での危険な違反となるプレイにイエローカードは与えられるべきである。
41.5.4 A yellow card should be awarded for repeated and continuous disputing of referee's decisions.

繰り返し続けてレフリーの決定に異議を唱えることへイエローカードは与えられるべきである。
41.5.5 A yellow card should be awarded for foul or abusive language.

下品な言葉や暴言にイエローカードは与えられるべきである。
41.5.6 Players sent off must obey the rules of entry to the playing area for re-entry at the completion of the send-off period.

退場した選手は退場時間終了時の再入場の際に、競技エリアに再び入場するため入退場のルールに従わなければならない。
41.6 Warning.
Signal 17 with a green card applies.

警告。シグナル17とグリーンカード適用。
41.6.1 A green card should be awarded for deliberate unsporting behaviour of major influence to the state of the game.
ゲームの状況に大きな影響を及ぼす意図的なスポーツマンらしくない行為にグリーンカードは与えられるべきである。
41.6.2 A green card should be awarded for unnecessary verbal communication to the referee, dangerous play and/or unsporting behaviour.

不必要な審判への口頭での会話,危険なプレイと(又は)スポーツマンらしくない行為にグリーンカードは与えられるべきである。

注) 日本の審判がカードを出すべきひどい反則へしっかりとカードを与えているのを見たことが私はありません。基本的にカードをもっと出すべきである。