ルール6


42.TAKING THROWS
スローの方法。
42.1 The player taking any goal line-throw, corner-throw, sideline-throw, free-throw or free-shot must hold the ball above their head, at arms length with their kayak stationary, before taking the throw. Infringement incurs a sanction. Signal 11 and 14 applies.

G.T,C.T,S.T,F.T,F.Sを行う選手はスローを行う前にカヤックを静止させ、腕の長さで頭の上にボールを掲げなければならない。違反には反則が与えられる。シグナル11適用。

注) G.P.SとR.S(リスタートスロー)を行う選手は頭の上にボールを掲げる必要はない。
42.2 Goal line-throws, corner-throws, restart throws and sideline-throws may not be direct at goal.

G.T,C.T,R.T,S.Tは直接ゴールしても認められない
42.3 42.3 The ball is not in play until the initial throw has travelled at least one metre measured horizontally from the point of release or changed possession to another player of the same team. A player must be allowed to take up their position to take the throw. No opponent may contact the player or their equipment until the throw is taken. The opposition must not attempt to prevent the ball from travelling one metre measured horizontally. Infringement incurs a sanction. Signals 11 and 14 or signals 11 and 15 apply. A free throw will be retaken as a free throw, and a free shot will be retaken as a free shot.

ボールが最初のスローで最低1M水平方向にリリースポイントから移動するか、同じチームの他の選手にポゼッションが移るまで競技は始まっていない。選手はスローをするためにそのポジションを完全に取ることを認められなければならない。相手選手はスローが行われるまでスローを行う選手やその装備に触ってはいけない。相手はボールが1M水平方向に移動するまでそれを妨げようとしてはいけない。違反には反則が与えられる。シグナル11適用。

注) ゴール前で反則を取られスローをする相手をゴールから遠ざけようと相手カヤックをジャスルする選手がいる。相手の装備(カヤックも)に触ってはいけないのでこれは完全な反則である。このような選手には即座にグリーンカード(スポーツマンらしくない行為)を与えるべきである。
42.4 The player must throw the ball within five seconds of being in possession and in a position to take the throw. The five seconds for the restart applies from when any member of the team is in a position to pick up the ball and take the throw. Any dropping or fumbling of the ball will not be considered, provided the initial throw is taken within the five seconds. Infringement incurs a sanction. Signals 11 and 14 or signals 11 and 15 apply. A free throw will be retaken as a free throw, and a free shot will be retaken as a free shot.

選手はポゼッションとスローを行うためのポジションにいる5秒以内にボールを投げなければならない。リスタートのための5秒はそのチームのメンバーの誰かがボールを拾うためにそのポジションに入り、スローを行うときから適用する。ボールを落とす,ファンブルすることは5秒以内に最初のスローが行われたとは考えられない。違反には反則が与えられる。シグナル11と14かシグナル11と15適用。F.TはF.Tとして再び行われ、F.SはF.Sとして再び行われる。

注) これは選手がリフトアップする準備ができたな、と審判が考えた時に5秒がカウントされ始めるということである。リフトアップした時ではない。もし相手がリスタートを1Mボールが動く前に妨害したのならばF.TやF.Sが与えられることを述べている。ちなみにこの反則のハンドシグナルは違反となるポゼッションである。5秒のハンドシグナルである。このハンドシグナルを5秒と覚えずに違反となるポゼッションと覚えましょう。
42.5 Where an infringement occurs that requires the awarding of a free-throw. The throw should be taken at a point that, in the referees sole discretion, best advantages the team. The referee will indicate that the throw be taken either where the infringement occurred or, where the ball was at the time of the infringement, or where the ball landed if it was in flight at the time of the infringement. However, a defence of goal infringement must be taken where the infringement occurred.

反則の起きた所がF.Sの与えられる場所である。審判の自由裁量でチームに最善のアドバンテージのある場所でスローは行われるべきである。レフリーは反則の起きた所,反則のときボールがあった所,反則のときボールが空中にあるのならばボールが着水したところ、の内のどれかをスローのために示す。しかしゴールのディフェンスによる反則は反則の起きた場所で行われなければならない。

注) 審判は反則を受けたチームに最大のアドバンテージがある場所を指し示すべきである。また、キーパーチャージの場合はキーパーチャージが起きた場所からリスタートしなければならない。



43.TAKING A GOAL PENALTY-SHOT
G.P.Sの行い方
43.1 The player taking the goal penalty-shot will be stationary with their body on the six (6) metre line.

G.P.Sを行う選手は6Mライン上に体を静止させる。
43.2 All other players must be in the other half of the playing area until play restarts.

他の全ての選手は競技が再び始まるまで競技エリアの反対ハーフにいなければならない。
43.3 The shot will be taken when referee blows the whistle. The five (5) second rule applies.

ショットは審判が笛を吹いた時に行われる。5秒ルール適用
43.4 Play will restart on the whistle.

競技は笛と共に再び始まる。
43.5 The player taking the shot may not play the ball again until it has touched another player or another player's equipment or the goal frame.

ショットを行った選手はボールが他の選手に触る,他の選手の装備に触る,ゴールフレームに触るまでボールに対して競技してはいけない。

注) ボールがゴールフレームに接触した後にボールに漕ぎ出し、シュートしても良いということである。



44. COMPLETION OF PLAY
競技の終了
44.1 The timekeeper will indicate the end of the period of playing time by the use of a loud signal. The ball is dead at the start of the signal. The referee shall use signal 2 to confirm the timekeeper's signal.

タイムキーパーは大きな音を使うことにより競技時間の終了を示す。審判はタイムキーパーのシグナルを認めるためにシグナル2を用いる。
44.2 If a goal penalty-shot has been awarded prior to the signal for completion of play, the goal penalty-shot must be taken before play is to be considered completed. In this situation, the ball shall after it has been thrown immediately be dead if it hits the water.

もしG.P.Sが競技の終了のシグナル前に与えられていたらG.P.Sは競技が終了したと考えられる前に行われなければならない。この状態でボールが投げられ後に、水面に接触したら即座にボールは効力を失う。



45. GOLDEN GOAL EXTRA TIME
延長戦ゴールデンゴール
45.1 Golden-goal extra-time shall, with the exclusion of Grand-finals, consist of up to two periods of three (3) minutes each; with the team scoring the first goal deemed the winner. There shall be a one (1) minute break before the golden-goal extra-time commences and between halves, with a change of ends.

決勝戦を除いた延長戦ゴールデンゴールは前後半3分の2つのピリオドからなり、最初にゴールしたチームが勝者である。
45.2 Golden-goal extra-time for Grand-Finals shall consist of up to two periods of ten (10) minutes each; with the team scoring the first goal deemed the winner. There shall be a one (1) minute break before the golden-goal extra-time commences and between halves, with a change of ends.

決勝戦の延長戦ゴールデンゴールは前後半10分の2つのピリオドからなり、最初にゴールしたチームが勝者である。延長戦ゴールデンゴールが始まる前と前半と後半の間に1分間の休憩がありコートチェンジが行われる。



46. TIEBREAKER SHOOT-OUT
タイブレイカー・シュートアウト(以下略T.S.O)
46.1 The captain of the team can choose which players, and their order, will participate in the tiebreaker shoot-out. Normally five (5) players will be chosen, however, at the end of playing time, any player(s) who are not part of the game because of a red card send-off, will not take part in the tiebreaker shoot-out and their team will forfeit those shot(s).

チームのキャプテンはT.S.Oに参加する選手とその順番を決めることができる。通常5人の選手が選ればれるが競技時間の終了時にレッドカードによりゲームに参加していない選手がいる場合、その選手T.S.Oに参加できずチームはそのショットを失う。

注) 延長戦終了時にレッドカードで退場になった選手がいたらそのチームは4人でT.S.Oを行わなければならず、5本目のショットがすでに外れたことになっているわけである。
46.2 The participating players from each team will take tiebreaker shots alternating between teams after each shot. The referee will toss a coin and offer the choice of which team is to shoot first to the team captain that wins the toss. Both teams shoot at the same goal. Unless the Competition Committee has decided which goal should be used, the referee will decide which goal is to be used.

両チームの参加する選手は相手チームのショットと交代でタイブレイカーショット(以下略T.S)を行う。審判はトスを行いトスに勝ったキャプテンにどちらのチームが先にショットをするか尋ねる。両チームとも同じゴールにシュートする。競技コミティーがどちらのゴールを使うべきか決定しない限り、審判がどちらのゴールを使うか決定する。
46.3 The goalkeeper not involved in defending the goal will position themselves beside the side line nearest the second referee in between shots unless they are taking a shot personally.

ゴールのディフェンスをしないゴールキーパーは自分自身がショットを行わない限り、ショットの間副審に一番近いサイドラインのところに位置する。
46.4 If, after each team has had five (5) tiebreaker shots, one team has scored a greater number of goals, then that team will be the winning team.

それぞれのチーム5回のT.Sを行った後に一方のチームがより多くのゴールと得点していたならばそのチームが勝者である。
46.5 If, after each team has had five (5) tiebreaker shots, the score is still equal then the teams will take alternate tiebreaker shots, in the same order as the previous round, until, with an equal number of tiebreaker shots, one team has scored more goals.

それぞれのチーム5回のT.Sを行った後に同点であるならば、そのときチームは順序を変えずに一方のチームがより多くのゴールを得点するまで交代でT.Sを行う。

注) 基本的にサッカーと同じであるがそれぞれのチーム6番目の選手が1番目の選手に戻ります。