2002日本選手権大会


2002年8月3〜5日 愛知県三好町保田ヶ池カヌーポロ場


日本選手権大会の写真はこちら

日本選手権大会の全結果はこちら


選手だけでは大会は成り立たないし、役員だけでも大会は成り立たない。
今回の日本選手権はこの言葉を強く考えた大会だった。

大会本部・審判はもとより冷たい飲み物を用意してくれるボランティアの方々、 選手として大会へ参加していると試合の事で頭が一杯になり、 このような方々で大会が成り立っているという事を忘れがちだが、 大会が終わり思い出してみるとボランティアの方々の存在が大きい事に気付かされる。

今年まで4年連続で三好町保田ヶ池にて日本選手権大会が開かれているが、毎度猛暑の中というイメージがある。

厳しい日差しから選手・観客を守ってくれるテントがあり、取っ手を捻ればいつでも冷たい飲み物がある。
当たり前のように感じてしまうが、これらは当たり前であるものではなく、誰かが用意してくれたものなのだ。

私も自分のチームで大会を主催した経験があるが、とてもそこまで出来る余裕は無い。

改めて大会への参加を競技だけではなく、それ以外の部分に目を向ける必要があるなと考えさせられた。



大会はジュニアの部〜一般まで合計6のカテゴリーに分れて合計40チームの参加があった。
各カテゴリーとも熱戦が繰り広げられ良い試合が随所に見られたと思う。

オーストラリアからカヌーポロコーチングで来日している方々が審判をしてくれた事も大会成功の大きな要因であろうが、 各チームの日本選手権へ向けての練習・チーム力向上が最も大きな要因だと思う。

カヌーポロはまだまだマイナー競技であるが、毎年レベルアップしている日本選手権を見ると 明るい未来が開けているような気がしてしまうのは私だけであろうか?





【 大会結果 】

 一般1部

  優勝 佐倉INVERS
  2位 神奈川カヌークラブ
  3位 BPC SeaMonkey
 一般女子

  優勝 神奈川カヌークラブL
  2位 神奈川カヌークラブS
  3位 三好マーメイド
 高校生の部 男子

  優勝 三好高校A
  2位 三好高校B
  3位 Miyoshi 4 Highs
 中学生の部 男子

  優勝 三好サーカス オンザ ウォーター
  2位 芦原中学校
  3位 三好サーカス オンザ スプレー
 中学生の部 女子

  優勝 三好JrマーメイドA
  2位 君津メディカルスポーツセンター
  3位 芦原中学校A
 小学生の部 男子

  優勝 三好Jrルーキーズ
  2位 君津メディカルスポーツセンター
  3位 三好Jrキューティーガールズ
 最優秀選手

  男子 鈴木 武(佐倉インヴァース)
  女子 蒲谷 直美(神奈川カヌークラブL)